2011年04月02日

日常に感謝・・・

昨晩、みんなでぴかのお誕生日をお祝いしました(´▽`)
写真を撮るときは電気をつけて♪ その後は明かりは家にひとつだけ♪
untitled3.bmp


わんこ用ちらしずし
鶏そぼろ、錦糸卵、ローストアマニ、グリーンピース、トマト
untitled.bmp


ドッグフードでも手作り食(もちろん犬にNGでない食材)でも
なんでも食べられる(栄養を吸収できる体)ようにしておくことが大切だな〜と思いました


パパちゃんとママちゃんだけケーキ
どぉしてぇ〜〜〜 byぴか
untitled2.bmp


あたりまえのように過ごしてきた日常
ほんとうにありがたいです

エネルギーの浪費に鈍感になってしまわないように
私も意識を持って生活しなきゃ

「どこをどう減らせるかな?」
数値を見ながら"ポジティブな気持ちで" "工夫"していきたいと思います〜





━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



ミドリさんがご紹介してくださっていた海上保安上のニュース

海上のガレキの上に犬が…海上保安庁が救出
< 2011年4月1日 23:06 > 日テレ
untitled5.bmp


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



◇議論封印「売れなくなる」
毎日jpニュースより







ニックネーム Margaret at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

ミニピンの捜索願い

成犬・猫の譲渡を推進する会より迷子犬捜索願いです

転載します
転載元
minipin.bmp


3月26日「土曜日」PM6時頃多摩市貝取付近から
散歩中に手が離れてミニピン「オス」黒、名前「クロスケ」が逃げて見つかりません。

最終的な情報は多摩市みなみ野ー小野路で前の車が急ブレーキをかけた時
ミニピンがハーネス、リードが着いていたのを見た方がいます。

ハーネス「水色」、リード「紺色」、首輪「白地にブルーの縞」、鑑札着き。
性格がシャイな為、どこかに隠れていて出てこないと思います。
呼んでも怖くて隠れてしまいます。

あれほど子供さんだけの散歩はしないで下さいと、注意していたのに非常に残念です。
私たちが言っていることは、長年いろいろな経験から味わった忠告なのです。
皆さん慣れた頃、気持ちの緩みで、このような事件が起きます。
私たちにとりましても助けてきた犬猫がいなくなる事はどれほどの心配か
「お預かり人の方のお気持ちも」分かってください。
どうか少しの情報でも構いません。
お願いします。

http://npo.seiken-joto.org
info@seiken-joto.org


ニックネーム Margaret at 09:27| 迷子犬猫捜索協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手大学動物病院の活動

以下、ALIVEさんからの情報です

岩手大学では農学部に獣医学科があり、付属動物病院を
併設しています。 同大学のHPから。

2011年3月30日
岩手大学動物病院移動診療車「わんにゃんレスキュー号」の診療岩手大学動物病院では、移動診療車を使いまして、被災地での
動物診察を行います。

日時:4月1日(金曜日)
・12時~14時:大船渡地区合同庁舎駐車場
     (大船渡市猪川町字前田6−1)
・14時~15時半:高橋動物病院、大船渡中学校避難所
※慢性腎疾患の猫の治療、この他に希望者があれば診療を受け付けます
     (避難所責任者の村上さんが窓口)
なお、事前に診察依頼したい場合には、以下の連絡先に連絡願います。
 携帯電話:080-5576-5720
 固定電話:019-621-6238(Fax:019-621-6239)
 メールアドレス: nnabe@iwate-u.ac.jp

---------
被災動物の一時預かりボランティアを募集していますこの度の震災で人はもちろんのこと、家庭で飼われていた犬や猫
たちも多くが流されて死に、生き残った動物たちも飼い主や家を
失って行き場のない状態が続いています.また、飼い主が生きて
いても避難所生活のために充分面倒が見られないという現実もあり
ます.
そのような被災動物を一時的に飼育していただけるボランティアを
募っています.このような未曾有の大災害に際して、毎日多くの人々
が悲しみをこらえて生きる努力をしています.本当は動物を手放し
たくないけれど、状況が許さない人々も多いのです.どうぞ、
皆さんのご協力で、少しでもこの状況を改善できるよう、ボランティア
登録をお願いします.

登録用紙のダウンロードはこちら(PC版)
登録申込書
(Word / PDF)
登録先:岩手大学動物病院
Tel:019-621-6238 Fax019-621-6239
メールアドレス: mtozuka7@iwate-u.ac.jp


ニックネーム Margaret at 09:24| 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

わたしたちの選択肢

子供たち、そしてまだ見ぬ未来の子孫たち、
kodomo.bmp



人間以外のすべての生き物たち
wanchan.jpg


そうした、選択肢を持っていない愛しい命たちのことも考えて
自分も大人の一員としてどういう選択をしていくべきなのか・・・


流れてくる情報だけに偏らないように
多方面の知人から教えて頂いたこんなサイトも見たりしています・・・



原発がどんなものか知ってほしい

fotgazet

「無計画停電」から「戦略的エネルギーシフトへ」

ビデオニュース・ドットコム




個人の方のブログも拝見することも・・・
"ちょっと外から見た日本"


そんな中、今朝のこのニュースは嬉しかったです
ですが、この大惨事が歳月とともに忘れさせられることがありませんように・・・
日本の、世界の、様々な技術に期待しています!

14基の原発新増設、見直し…太陽光など重視へ
読売新聞 3月30日(水)5時37分配信


どうか、どうか、私たちには選択肢があることを忘れさせられることがありませんように・・・


ニックネーム Margaret at 15:12| 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

寒さの中で喜ばれている犬用服の寄付

福島県を中心として活動されている
アニマルレスキューチーム〜Happy Road〜さんのブログに
福島の寒さの中でわんちゃんのお洋服のご寄付が喜ばれていることが書かれてありました。


さっそく、私も家の中の犬服をがさごそ探しています。
毛もローラーで取って綺麗に洗濯してあるから、お送り出来そう!
と思って・・・。


この寒さの中、震えている姿を思うと
被災地の子たちに少しでも暖を送ってあげたいです。
寒さで体調を崩したり、命を失ったりしないでと祈ります。
洋服二枚重ね着させただけでどれだけ寒さから救われるかと思います・・・。


アニマルレスキューチーム〜Happy Road〜
ニックネーム Margaret at 23:06 | TrackBack(0) | 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット同伴避難に最も前向きな新潟県

点線以下、ALIVEさんからの情報です


かつて中越地震・中越沖地震を経験した新潟県からの思いやりと
その思いやりの心を映した実際の行動


心の底から、新潟県に「有難うございます!」
新潟県を私も力いっぱい応援しています!



----------------------------------------------------------------


被災者を受入れている自治体の中で、ペット同伴については
新潟県が最も前向きに取組んでいます。

新潟県サイトには「新潟県動物救済本部の取組」を告知する
ページが有ります(下記)。
「ペット達は、飼育環境が変わること自体、大きなストレスに
なり、そのストレスを軽減できるのは、飼い主さんの声や温かい
手だけです。」
との文言には、かつて中越地震・中越沖地震を経験した
新潟県からの思いやりと励ましが込められているようです。

◎新潟県動物救済本部の取組
2011年03月22日
新潟県動物救済本部
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1300741283614.html

新潟県では、東北地方太平洋沖地震の避難動物及びその
飼育者の支援を行うため、関係団体と「新潟県動物救済本部」
を設置しました。

【事業】
(1)ペットフード等支援物資の提供
(2)相談窓口の開設
(3)避難所生活が困難な動物の一時預かり(悪癖、高齢、病気等)
(4)避難動物の健康管理支援
(5)ボランティアの受付・調整・運営
(6)上記の他、本部長が必要と認める事項

新潟県動物救済本部設置要綱( PDF形式 )
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/143/533/secchiyoukou,0.pdf

動物同伴で避難された皆様へ
 新潟県では、飼い主さんとペットが離れることなく、一緒に
避難所生活が送れるようお手伝いをさせていただきます。
 避難所におけるペット飼育に関する支援については、最寄り
の動物保護管理センター又は保健所にご相談ください。
相談窓口一覧はこちら( PDF形式 92 キロバイト)
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/541/818/soudanmadoguchi,0.pdf

ペット達は、飼育環境が変わること自体、大きなストレスになり、
そのストレスを軽減できるのは、飼い主さんの声や温かい手だけです。

生活衛生課 動物愛護・衛生係
住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5206 FAX: 025-284-6757
email: ngt040250@pref.niigata.lg.jp

ニックネーム Margaret at 15:00 | TrackBack(0) | 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

避難生活の支えは愛犬 車中泊続ける66歳

<東日本大震災>避難生活の支えは愛犬 車中泊続ける66歳(クリック)

ニュースソース: 毎日jp


momochan.bmp


津波で自宅を失った岩手県大槌町桜木町の無職、大平トワさん(66)は避難所の駐車場で車中泊を続けている。避難所にペットを連れ込むことはできないため、愛犬のマルチーズ、モモ(雌、5歳)と一緒に寝泊まりすることを選んだ。「つらい体験や避難生活でも、モモは私を支えてくれている」と話す。

 1人暮らしの大平さんは外出先で地震に遭った。激しい揺れに驚いて帰宅。留守番をしていたモモと、足が不自由な隣家の高齢女性を軽乗用車に乗せ、高台を目指して逃げた。

 命からがらたどり着いた避難所で、日中に作業を手伝い、食料などの物資を受け取っている。「モモちゃん、お仕事だからお留守番しててね」。車を離れるときは必ず声を掛ける。

 モモとの散歩は運動にも気分転換にもなる。エコノミークラス症候群を予防するため、医師に相談して体調管理に気を配る。「仙台市に住む長男が(モモを預かりに)来るまでは一緒にいたい」

 ペットを心の支えにする被災者は少なくない。近くの建築資材会社「南部屋産業」は、被災者が自宅の片づけをする間などの短時間に限りボランティアでペット犬を預かる。小笠原正年代表取締役(64)は「『ペットは手放せばいいじゃないか』と言う人もいるかもしれないが、1人暮らしのお年寄りらにとっては大きな存在」と話している。【福島祥】


----------------------------------------------------------------



こうした署名もあります



災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名
』 (クリック)



動物が苦手な人、アレルギーがある人、非常事態での衛生問題などの課題を
人間の知恵と工夫と協力で乗り越えて
いっしょにこの大災害を乗り越えた小さな命も大切にできますように・・・


ニックネーム Margaret at 10:36 | TrackBack(0) | 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

【電子署名】Googleに届け!アニマル・ファインダー!

グーグルさんに、

被災して迷子になった動物と飼い主さんを繋ぐ

アニマルファインダーの作成を願う

署名を募られる方がいらっしゃるそうです。



電子署名サイトが完成したとのことで、私も署名いたしました!



電子署名サイト】(クリック)


この大震災を乗り越えたわんちゃん、ねこちゃんが
どうかどうか、家族の元に帰れますように!
アニマルファインダーがあれば、被災迷子動物と飼い主さんをつなげることができると思います。



詳しくは企画者の方のブログをご覧くださいませ

ニックネーム Margaret at 22:38 | TrackBack(0) | 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石巻のどうぶつたち

アニマルクラブ石巻のトップページ(クリック)に
石巻の様子が綴られています・・・



======================


そして、遠く離れたケニアの地で日本のために祈ってくれている子たち
祈り〜キベラから日本へ




ニックネーム Margaret at 21:49| 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

福島県いわき市のわんちゃんへの支援

被災地の動物愛護団体からのお願いです。

(転送歓迎)

福島県の原発周辺からの避難者は、避難区域を除く県内全域の各市町村の公共施設などに避難しています。
いわき市は一部自主避難対象区域のため多くの人が県内外に避難していますが、残っている人も、また避難してきた人も少なくありません。

避難所の動物支援を開始した いわき「犬猫を捨てない」会より、
ペットフードなどの支援の要請が寄せられています。
ガソリンがまだ手に入りにくい状況で、ホームセンターのペットフードコーナーも品薄です。

ご協力頂ける方は、下記宛先までお送り頂ければ大変助かります。



(必要なもの)
ドッグフード(アイムスのドライタイプ成犬用)
その他も大歓迎です。



また、今後予想される一時預かりや新たな飼い主となって
下さる方も緊急募集しています。

いわき「犬猫を捨てない」会

<宛先>
ヤマト宅配便
いわき平センター止め(コード:015480)
電話:090−2606−5547


どうぞよろしくお願い致します。

ニックネーム Margaret at 16:56 | TrackBack(0) | 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする