2011年04月17日

テントも買っておきました・・・

きょうもよく歩いたヒューストン(´▽`)
KC3N07530002.jpg

青空って、ただそれだけで嬉しいね
KC3N0749.jpg

ぴかちゃんは早いね〜〜〜
もうあんなところ
KC3N0751.jpg

なは(´▽`)
KC3N0755.jpg

さっちゃんもよく歩いたね〜(´▽`)
KC3N0754.jpg

お空はこんなに美しいのにね・・・
KC3N0758.jpg


このようなニュースが来る日も来る日も・・・

避難所のペット、飼い主負い目 物置に隔離「同伴可」わずか (産経新聞)

東日本大震災で避難所生活を余儀なくされるペット連れの被災者らにとって、肩身の狭い日々が続いている。仙台市ではペット同伴を認めている避難所はわずかで、市担当者は「どの避難所にもペットを敬遠する人がいて積極的に受け入れるところはない」と説明する。

避難時に放置 20キロ圏内の苦悩 17歳「花子」は無事再会 (産経ニュース)

きっかけは福島県双葉町から避難した人の家族からの相談。集団で避難する際、自衛隊にペットは置いていくよう言われたという。
 だが、発見された犬は公民館に鎖でつながれたまま力尽きていた。この家族は「二度とこんな思いをしないようにしてほしい」と話したという。

再会できるケースもあった。立ち上がれないほど衰弱していた老犬、17歳の「花子」。山形県の公営住宅に避難している飼い主の男性(63)は連絡を受け、保護先の栃木県の動物病院まで会いに行った。

 生後2カ月から育て、家族同然。「数日で帰れると思っていた。餌をありったけ置いてきたが心配だった」。痩せていたが、男性を見ると足踏みして喜んだ。放射線量を調べる検査の結果も問題なし。ただ、公営住宅はペット禁止で花子を連れて帰れなかった。



最初から「ペットを置いていけ」などと言わず
ペット同行避難させていればこんな悲劇は生まれなかったのです

今からでも遅くない
ペットを受け入れる避難所や仮設住宅が増えれば
これ以上の悲劇をなくせるのです


自治体は「ダメダメダメダメ」と言わないで
区画を分けたり
飼い主さんにペット適正飼育をきっちり守ってもらったり
上手に暮せるよう工夫と努力をすれば乗り越えられる問題のはずです


民間はそれぞれにペット同行避難に手を差し伸べてくれています
ペット同行避難を申し出てくださったお寺もあるそうですね・・・埼玉県の浄土宗安国寺様
蔵王の別荘もペット同行避難を受けれてくださったそうですね

でも、まだまだ数が足りません・・・
自治体がペット同行避難に門戸を開けてくだされば
たくさんの命が救われるのです・・・


この国難のとき
あれはだめ、これはだめと言っていないで
工夫をすれば
救える命があるのです


私も内閣府や関係機関に声を届けました
署名にも参加しました

今、生きているというのに・・・
ドアを開けてもらえないばかりに
片隅にさえ置いてもらえないばかりに
そこに残され、力尽きて行く子たちのことを思うと
ほんとうにたまらない気持ちです・・・

まだ乗りこめるスペースがあるのに「あなたはだめ」
そう言って、岸を蹴って船を出されたようなシーンが目に浮かびます

それでいいのでしょうか・・・
助け合うこの時期
ペット同行避難に手を差し伸べてくれる自治体が増えますように・・・
今後も諦めずに声を届けていこうと思います


人間以外の動物が家族の一員である我が家
この現実をとても他人ごとに思えません・・・
我が家のちびら〜ずとの避難のために
今日、テントを買いました
アメリカのコールマンのワイドドームテントsetです

折りたたんだ状態だとこんなにコンパクトです
上段に置いてあるのがシュラフ(チャックを広げると掛け布団)
下段に置いてあるのが、テント、エアマットレス&電池式ポンプ、
テントの下に敷くシート、テントの中に敷くシート
KC3N0761.jpg


広げるとこんな感じです
3人は余裕で寝られます
つめれば4人は寝られます
いろんなサイズのいろんなタイプのテントがあります
KC3N0732.jpg

慣れておくためにも
庭でテントを張って寝てみよう〜っと
夏は涼しく寝られていいかも・・・
庭で慣れたら、キャンプ場でも寝てみよう〜〜っと


ニックネーム Margaret at 00:00| 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

ぼくのコージーコーナー

いつもの場所にぼくがいなくて
「ぼく〜〜、ぼく〜〜〜」と家の中を探していたら〜
避難用のキャリーバッグの中で寝ていました〜〜(´▽`)
carry.jpg


ちびら〜ずの避難用バッグ4個
蓋を開けていつでも入れられるようにしてあります〜
逃げるときは絶対にいっしょだからね、ちびら〜ず


ニックネーム Margaret at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

ヒュー坊と見上げる2011年の桜〜

1000年に一度と言われる大地震…
私たちは後世の教科書に載るであろう2011年の真っ只中を生きています・・・
大地震、津波
その後を追って起きた原発事故・・・

想定外、想定内、
そのひとつひとつは平時に何を追い求めていたがゆえのことなのか
考えています

何もかもが今まで通りという訳にはいかないかもしれない
けれど、平時であっても有事であっても二度とは戻らない今日と言う日を
丁寧にポジティブに生きていかなければ・・・
生を受けた意味を、生かされている意味を
考えながら・・・
そんな風に想う今日この頃です


それでも季節は巡ってきてくれて・・・
本当に…ありがとうと手を合わせたい気持ちです


ヒュー坊といっしょに見上げる2011年の桜
P4131058.jpg
P4131082.jpg
P4131054.jpg
P4131083.jpg
P4131090.jpg
桜、一緒に見れて嬉しかったよ♪
P4131089.jpg
ニックネーム Margaret at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

今日は記念日&我が家の非常食

きょうは我が家のアニバーサリー
けれども、パパちゃん、どうしても外せない遠き地からの来客ありてお祝いならず
ということで、お祝いはまた後日〜
それでも今晩はフレンチレストランへGo〜(´▽`)
節電はしてもお金は別〜
ちゃんと使って、しっかり関東の経済回して盛り上げなくっちゃ♪
と思って〜(´▽`)


そうなんやぁ〜〜〜
ほなやったら、あたいぃもなんや元気出てきたわ
P4121034.jpg


あいかわらず、家に明かりはひとつですたい
けど、ぼくはよく見えるですたい
どすこい、どすこい、ねこですたい
P4121029.jpg


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


きょうもまた揺れました・・・
大地の神様、もう揺らさないでください
どうか、お願いします・・・


先日、部屋のレイアウトを変えました

ランプ、ミラーなど落下や転倒で凶器となるものは
東の隅に移動させました〜(固定はしてあります〜)
P4121027.jpg


そうして、ちびら〜ずがよくいる南側は
落下や転倒で凶器になりそうなものをなくしました〜
和室がな〜〜〜んにも置いていないので一番安心です(´▽`)
P4121036.jpg


可憐な姿をありがとう〜
P4121047.jpg


これは我が家の非常食の一部です〜
P4121051.jpg


非常食っていつ頃から家に置くようになったかなぁ・・・
ぴかを迎えた頃から防災に気を配るようになったかなぁ・・・

昔は、防災コーナーに売られている、いかにもという非常食を買っていました

でも、数年前からは
「保存期間が長くて軽いというだけで、
非常食の入れ替えをちょこちょこしていさえすれば、
いろんなものが非常食になり得るなぁ〜」
と思うようになって、
以降、いろんな種類のものを非常食として置くようになりました〜
少しでも非常食で食いつないでいる期間の気持ちが暗くならないようにと思って・・・



電気、水道、ガス、下水など
ライフラインすべてが使えないことを想定して

水もガスも電気も使わなくて食べられるもの
食器をあまり汚さなくて食べられるもの
貴重な水は100%飲料水として摂取できること
水分摂取とビタミン摂取を兼ねられるもの
少しは美味しいと思えるもの


そんな思いで選んで買っていた品々でした・・・


ビタミン補給と水分補給ができるという意味で、100%野菜ジュース
カロリー摂取&糖分摂取で心の癒しという意味で、バターた〜〜〜ぷりのカロリーの高〜〜いフランスのお菓子パレブルトン
超軽くて保存期間が長いという意味で、カロリーメイト
栄養補給と水分補給ができるという意味で、ウィダーインゼリー


その他、
冷たくてもあんまり抵抗なく食べられるレトルトのトマトシチューやスープなど
保存食のレッドキャベツ
違うものも飲みたくなるだろうと、パッションフルーツのジュース
無難に各種缶詰
グラノーラ
クラッカー
お味噌
梅干し
塩昆布

などなど


お湯が必要となるカップ麺類は、火が必要となることと折角のお水を無駄に使うことになるので
我が家のリストには入っていませんでした〜


各家庭によって好みやニーズが違うので
きっと、非常食もいろいろだろうな〜


またそれぞれの賞味期限が近くなってきたら
入れ替えしなくっちゃ〜(食べなくっちゃ〜)



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


首相官邸ご意見募集フォームからも
福島原発避難区域に取り残されている動物たちについて要望を送りました・・・



ニックネーム Margaret at 00:00| 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

【緊急】原発避難地域のどうぶつたちのために…

以下、[ALIVE-news]より転載


2011年3月11日の大震災・原発事故から1カ月が経ちましたが、
原発の損壊事故は一向に収まりを見せず、周辺地域での
放射能汚染は続いたままです。
 本日の報道発表では、政府はこれまでの避難指示地域を
立入禁止とし、さらに20キロ圏外でも汚染のひどい地域に避
難指示を拡大するとのことです。
 本日付で、避難地域に置き去りにされている飼育動物に
関して、関係機関に以下の要望をしています。


皆さまも、各機関にお願いの声をお届けください。


----------------------------

福島原発避難地域の飼育動物に関する要望
http://www.alive-net.net/companion-animal/saigai/youbou20110411.htm
2011年4月11日

内閣府政策統括・防災担当 御中
農林水産省地震災害対策本部 御中
環境省動物愛護管理室 御中
緊急災害時動物救援本部 御中
各国会議員 様

  防災基本計画には、「災害時における動物の管理(衛生
を含む)及び飼料の需給計画に関する事項」が定められて
います。福島原発の周辺地域において避難指示が出たときに、
当初長引くことは予想されず、多くの方々が犬や猫等の
ペットや、牛をはじめとする畜産動物を残してきました。
避難が長引くにつれ、動物への給餌給水のために一時帰宅
する方もいますが、それができない場合はすでに犬が野犬
化したり、家畜が餓死するなどが起こっています。
 近く避難命令が出される場合、これらの動物をどうするか
がさらに大きな問題となります。
 また、ペットを連れて避難できた方でも避難所等でペット
同伴が困難となっている場合があります。いずれのケースに
おいても早急な対策が必要ですので、以下の要望に関して、
関係機関におかれましては、ぜひ速やかに対処、指示等を
お願いいたします。

1.現地に放置されたペット問題 

 原発からの避難にあたって、ペットを残してきた場合には、
飼い主が長期間帰宅することができないため、つながれた
ものは餓死し、放されたものはわずかな餌を求めて放浪して
います。餌にありつくことができず、痩せ細って健康状態が
非常に悪化している個体も多く見受けられています。
また、多くが不妊去勢をしていないため、今後繁殖して野良
犬猫が増えていく可能性が高く、公衆衛生上の問題も生じます。

<要望> 
  放浪犬をはじめとする放置ペットの保護
 国の防災担当部署から避難地域の自治体に対して、飼い主
が餌を与えに現地に通っていた場合は、今後はペットを避難
先に連れていくように、また、どうしても連れていけない場合
には、地元の動物行政あるいは動物救援本部等に相談するよう、
指示をお願いします。飼い主が不明で放浪している犬等につ
いては、警察、消防、自衛隊等が巡回する場合に、可能で
あれば給餌給水を施すよう指示していただきたく存じます。
その場合に、有志の獣医師や動物保護団体等が同行し、自己
責任で捕獲・保護することを認めていただきたく存じます
(飼育動物は人の財産であるため、保護した地点、近隣の状況、
個体情報の公示を義務付けるという条件のもと)。

2.現地に放置された畜産動物問題 

  福島原発避難地域には、和牛生産農家をはじめ、多くの
畜産農家が存在しています。一部の牛等は、飼い主である農家
の方々の手によって放され、生きながらえていますが、つなが
れたり小屋に閉じ込められたりしている畜産動物たちは、餌も
水もなく衰弱死しつつあります。

<要望>
 放置された畜産動物の実態把握と給水給餌
 農林水産省では、県あるいは各市町村等に保管されている
畜産農家の名簿等から、牛・馬・豚・鶏などの飼養場所を
割り出し、現在残されている畜産動物がどのような状態に
あるか、速やかに実態を把握していただくようお願いいた
します。
閉じこめられている動物のなかでも、鶏や牛については、
まだ生存している個体が確認されています(4月6日時点)。
生存個体については、給水給餌のために畜産農家あるいは
獣医師や動物保護団体等が立ち入りすることを認めていた
だきたく存じます。また、速やかに家畜の預託先を紹介
していただくようお願いいたします。

3.避難所におけるペット問題 

  避難所によっては、ペット同伴が認められないため、
飼い主は車の中で過ごしたり、ペット可の避難所を求めて
転々としたりしています。また、公営住宅に入所の際には、
ペット同伴を禁止している自治体が多く、やむなく手放す
ことを強いられたりしています。仮設住宅においても、
ペット同伴が許されるかどうか定かではありません。

<要望>
 避難所でのペットの実態把握とサポート
 避難所の数が多く各地に分散しているため、ペットの状況
把握が困難です。環境省では、避難先になっている都道府県
及び市町村の担当者に対して、各地の避難所で責任者が同伴
ペットに関する聞き取り調査をするように求めていただき
たく存じます。被災動物が必要としているものが判明すれば、
とりまとめをして緊急災害時動物救援本部に物資の要請を行い、
本部はこれを速やかに手配するようお願いいたします。
また、避難所及び仮設住宅等でのペット同伴を認めるよう
各自治体に求めていただくようお願いいたします。

4.マンパワーの絶対的な不足 

 避難地域においては、震災の被災地とも重なっていたり、
行政の担当者自身も被災しているケースがあります。また、
人命優先の施策により、動物対策については遅れが生じて
います。対策を講じるにあたって、マンパワーやネット
ワークが絶対的に不足しています。

<要望>
 専従担当者の臨時雇用の必要性
 このような対策には、動物の愛護および管理に詳しい
専従の担当者を要します。緊急災害時動物救援本部では、
専従のスタッフを期限付きで雇用して、各県の救援本部
及び必要としている地域に派遣する必要があります。
その費用については、義援金をあてるべきです。物資は
すでに相当集まっていますので、今後は人材に資金を
投入してください。


特定非営利活動法人 地球生物会議 ALIVE
財団法人神奈川県動物愛護協会
被災動物保護調査団

-----------------------------

上記関係各機関のFAX番号は以下の通りです。

内閣府政策統括・防災担当 03-3581-8933
農林水産省地震災害対策本部 03-3592-7697
環境省動物愛護管理室 03-3508-9278
緊急災害時動物救援本部 03-3409-1868


ニックネーム Margaret at 18:29| 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごめんなさい・・・

P4111015.jpg

原発10キロ圏内取材】見捨てられ鳴き叫ぶ牛たちの悲しき末路

ニュースソース:ロケットニュース24


私があやまってもどうにもならないのは分かっていても
あやまらずにはいられなくて・・・

あやまっているだけじゃなくて私自身、変わっていかなきゃ
“自分の生活スタイル”くらいは工夫して変えていこうと思う
我が家の電力、昨年比30パーセント減はできると思う

「使用量のお知らせ」で同じ月の分で比較すれば分かるから
4月分を見て、去年の4月分よりも30%減らせていなければ、
減らせるようもっともっと頭を使ってみようと思う


日本の技術者さんたち、がんばってくれていることと思います
日本中のいろいろな工夫がどんどん形になってきますように・・・

..
ニックネーム Margaret at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

今日は都知事選

パパちゃん、ママちゃん、
朝のうちに都知事選挙に行ってきましたよ
P4101009.jpg


震災から一カ月・・・
避難指示地域と屋内退避地域のどうぶつたちのことを思って
胸が詰まる一カ月でした

なんの覚悟も、なんの準備もできない、
動物たちはただただ人間に身を任せるしかできない存在ですから・・・
「ごめんなさいね・・・」の気持ちでいっぱいの一カ月でした・・・



----------------------------------------------------------


ペット同行避難に積極的に手を差し伸べて下さった新潟県さん
たくさんのありがとうを送っています
先週、美味しいとっておきの新潟のお酒を3本買いました!
助けて下さったご恩、ずっと忘れません



ニックネーム Margaret at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

といかけ

P4091002.jpg


風を聞いていると
雲の流れを読んでいると

「おまえは、まだ見ぬ後世の愛しき命たちに
どんな日本を残していきたいのじゃ
どんな地球を残していきたいのじゃ?」

風に問われているような気がしてなりません
雲が問いかけてくれているような気がしてなりません


ニックネーム Margaret at 21:34| 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

残してきたペットを迎えに行くために!(追記あり)

政府は6日、福島第1原発事故で避難指示が出ている半径20キロ圏内の住民に対し、
事故発生から1カ月後の11日をめどに一時帰宅を認める方針を固めた。
ニュースソース:産経ニュース(クリック)


(4/7 追記)
枝野官房長官は、11日をめどに実施するとした一部報道については「具体的に今、いつならできると決まっているわけではない」と述べた。
ニュースソース:読売新聞

無料バスを出してくださる方もいらっしゃるようです
一時帰宅容認へ!避難指示区域行き無料急行バス (クリック)


こういった情報を知る機会がないばかりに
ペットの救出諦めてしまう飼い主さんがいらっしゃらないようにと思います


避難指示区域に取り残されている子たちが、
飼い主さんを待ちわびている子たちが、
手遅れになってしまう前に
容認の出たこのタイミングに飼い主さんに迎えにきてもらえますように・・・
P4070974.jpg


そして、自治体の仮設住宅でペットが受け入れられますように
pet.jpg
緊急災害時動物救援本部

動物可の被災者向け物件が増えますように・・・


武雄市さん、「武雄被災ドッグ(ペット)受け入れ構想」ありがとうございます
..
ニックネーム Margaret at 00:00| 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

シーズー・ラブちゃんの幸せさがし

1シーズーちゃん.jpg

ラブちゃんの幸せさがしが始まりました
応援よろしくお願いいたします

シーズー・ラブちゃんの幸せさがし日記


譲渡条件などは後日、アップさせていただきます
ニックネーム Margaret at 11:38| 保護犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする