2008年05月18日

ちょっとした工夫♪

「うさぎでございます〜」
usagidesu.jpg


「きゃはは。 うさちゃん、何してるのん?」
sally0518081.jpg


「目薬の番しています〜」
iremono.jpg




今日咲いたばかり
鮮やかな紫が瑞々しい〜〜〜
flower051808.jpg



ボディシャンプーの空容器です〜〜〜
water.jpg


わんsがおしっこしてしまった路面を洗い流すお水入れとして
再利用しています〜〜〜
sanshuno.jpg
(水、バッグ、お散歩くんの三点セット〜バッグはいちごままさんのお手製です〜)


なるべく家でトイレを済ませてからお散歩に出るようにはしているのですが
それでもやっぱり、路上で出ちゃうこともあるので
フンやおしっこで路面を汚さないように気をつけています〜
犬が大好きな私でも家のまわりでわんちゃんにおしっこをさせたまま飼い主さんに去って行かれると、やっぱりいい気持ちはしないから〜顔(チラッ) 



環境省は
「動物を飼うことは、動物の命を預かることです
飼い主は、動物が健康で快適に暮らせるようにするとともに
社会や近隣に迷惑を及ぼさないようにする責任があります

人と動物が共に生きていける社会の実現には
飼い主のモラルとマナーが必要です」と呼びかけていますが

社会や近隣に迷惑をかけないために私なりに最低限、気をつけていることは〜

トイレ排泄物が残らないようしっかり始末する(できるだけ自宅で排泄させてからお散歩に出る)〜
家抜け毛が飛んでいかないよう、被毛の手入れと掃除を家の中でしっかりする〜
顔(汗)他人や他の犬に近づいてしまわぬよう、リードを短く持つ〜
夜他の方の休息と安眠をお邪魔しないよう、夜の10時から朝の7時までは鳴かさない〜(他人の来訪にさっちゃんが鳴くので我が家は10時以降の来客はなしです〜)
晴れ日中も無駄吠えはさせない〜(散歩や遊びでエネルギー発散させる〜)
です〜


鳴き声については、環境省が犬から5メートル離れた場所で、吠えた時の騒音レベルを測定したら、犬種によっては92デシベルに達し、金属プレス機から5メートル離れた場所で測定した騒音(90デシベル)を上回ったとのこと。 単にデシベルだけではなく、「鳴かせっぱなしにして!」とか「こんな時間にまったく!」という感情ちっ(怒った顔)が加わって、人の不快感は更に大きくなるような気がします〜具合が悪くて寝込んでいるときなどはいっそう耳に障って不快感が大きくなることでしょう



「へぇ、ポメラニアンの鳴き声は76〜80デシベルやねんて〜」
sally0518082.jpg 





犬が社会で疎まれる存在にならないように〜
良いアイデアを見聞きしたら、できるだけ取り入れたいと思っています〜






小鳥News
動物愛護:犬の殺処分減らそう 熊本市の方法に学べ−−下関市 /山口
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20080502ddlk35040701000c.html
08/05/04    毎日新聞

1年間の犬の殺処分数を、10年前の10分の1以下に減らした熊本市

熊本市は02年、獣医師会や動物愛護団体をメンバーにした動物愛護推進協議会を設立
1年後には活動が軌道に乗り始め、センターに来た犬のうち飼い主の元に戻ったり、新たな飼い主に引き取られる割合が97年の13%から06年に77%に上昇 処分頭数も946頭から59頭に減った

成果を知った江島下関市長が、幸山政史熊本市長に職員の派遣を依頼
獣医師不足の熊本市は一度、断ったが、江島市長にさらに頼まれ「熊本市の取り組みを他市に知ってもらう機会」(幸山市長)として応じることにした
熊本市動物愛護センター職員で獣医師の松本充史さん(36)が1日から1年間、下関市に派遣されている


動物愛護活動に前向きに取り組み、成果を出して下さっている熊本市長様、熊本市動物愛護推進協議会様、ありがとうございます! そして、この度は他市へのご協力もありがとうございます!
動物愛護行政に積極的な取り組みをスタートさせて下さった下関市長様、ありがとうございます!
頑張って下さっている行政の方々に感謝の声を届けようと思います〜
人は、苦情で動くよりも感謝や激励で動く方がどんなに力が湧くことかと思うから〜かわいい




ニックネーム Margaret at 00:00| 犬の社会的ステイタスを守ろう〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

〜犬の社会的ステイタスを守ろう〜

「犬のトイレの後始末お願いします」
「公園に犬の毛を巻き散らかさないで下さい」
犬の
 いぬの
  イヌの
    ...

pikafeb13071.jpg




「わたし、肩身狭いかも...」

pikafeb13072.jpg





公園で必死にワンちゃんのブラッシングしている飼い主さんがたま〜にいらっしゃいます。

お家の中に毛が舞うのが嫌なのかしら? お家の中の掃除が大変なのかしら? 
でもでも...公共の場でのブラッシングはNGですよね〜。


「アンダーコートと格闘していらっしゃるなら、こんな便利グッズもありますよ〜〜」って教えて差し上げることもあります。(妙な感じの人でなければあせあせ(飛び散る汗)

furminator.jpg


洗面所等、ドアを閉めた小さな部屋の中でブラッシングしてあげて、終わったら掃除機を二度かければ、お掃除だって楽ですよね〜〜。

ファーミネーター右デモムービー



うんPも道路に落ちる前にキャッチ!できれば、道も汚さないし、犬同士にとっても衛生的ですし〜〜。

poitakun2.jpg


poitakun.jpg




犬にとても寛大なヨーロッパ諸国でも、最近は規制強化の傾向が見えてきているようですね。


日本はどちらに向かうでしょうか?


飼い主ひとりひとりが社会的マナーに配慮して、これからも「犬の社会的ステイタス」を守ってあげることができればいいな〜と思います。


東京都いう「過密な大都市」での人と動物との調和のとれた共生社会の実現に向けて、東京都は、〜「家族の一員」から「地域の一員」へ〜という方向を示しています。

動物を巡って我慢したり対立する関係ではなく、認め合い、理解しあう関係づくりに人々が主体的に関わる社会づくりを目指しているようです。



〜犬が社会から疎外されないために〜


ひらめき狂犬病予防注射&犬の登録&個体標識装着を必ず行う:今でも世界で5万人以上の人が狂犬病で亡くなっています(東京都福祉保健局)。国境を越えた人や物の流通が盛んな現代、密輸入などで狂犬病が侵入する危険性はゼロとは言えません。発症すれば100%死亡する狂犬病。ひとたび国内で発生したら、どんなことになるでしょうか? 二次災害も心配です。

ひらめき繁殖制限措置の実施

ひらめき糞尿の後始末

ひらめきノーリード(放し飼い)の禁止

ひらめき抜け毛の後始末

ひらめき飛びつき防止

他にどんな点に気をつけたらよいでしょうか?
みんなで知恵を出し合って、広めていけるといいですね〜。


きょうも青空〜

blueskyfeb07.jpg


お散歩まだかな〜〜

pikafeb13073.jpg
ニックネーム Margaret at 19:26| Comment(8) | TrackBack(0) | 犬の社会的ステイタスを守ろう〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする