2011年05月10日

(追記2つあり)応援したい、福島の子たちのために・・・川内村の一時避難

ぴ〜〜なん、すやすや♪
P5051362.jpg


立派な王冠のような名称じゃない
美しい心がそこにある
心を映した行動がそこにある
封鎖が迫っている中、急いで命の保護に奔走してくれたのは
手弁当で活動されている各地の多くの民間保護団体さんたち


もはや守ってくれる存在をなくした命を、
「飼い主がいるかどうか」で差別したりなんかしない
封鎖迫る中、待ったなしの命を懸命に保護してくださった多くの民間団体さん
正義の心と行動を応援しています



SORA 福島被災動物レスキューさん
支援先

ランコントレ・ミグノンさん
支援先


ねこさま王国さん


アニマルレフュージ関西さん



他にも多くの民間保護団体さんが頑張って下さっていますね
どうか後方支援が続きますように・・・ ..


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

(追記)
警戒区域への一時帰宅始まる 10日参加した川内村の住民ら、まもなく郡山市の避難所へ


FNN(05/10 17:11 福島テレビ)



「犬や猫のペットについては、犬は鎖につなぎ、猫はケージに入れて外から見てわかるところに置いておけば、11日以降、国や県の関係者が保護して連れて帰ってくれるという決まりになっている。
10日は、下見で入った関係者が、犬猫あわせて12匹を保護をして帰ってきた。
中には、震災後に生まれた4匹の子犬も含まれていて、村民体育センターは和やかな空気に包まれていた」




安藤さんの「ほんと、同じ命ですからねー」のコメントの声が嬉しいですね
12匹の連れ帰りを明日に延ばさず今日連れ帰って下さった職員さん、ありがとうございます!!!
明日保護される2匹のわんちゃんと2匹のねこちゃん、どうか元気でいてください。祈っています。



(追記2)被災動物について血の通った報道をしてくださったことに
フジテレビさんにお礼のメッセージをお送りしました
テレビの伝え方は世論形成に影響を持つので!

上記サイトの左サイドバーにある

「記事に対する意見・ご感想や情報提供はこちらから」というところから送れます





ニックネーム Margaret at 00:00| 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする