2011年04月21日

愛護団体に通行許可証を!

取り急ぎ、成犬譲渡の会さんのブログを転載させていただきます

置き去りにされた子たちをこのまま見殺しにするなんて・・・
黙って諦めてしまうのはあまりにも可哀想・・・

いま生き残っているあの子たちは、こうしている今も懸命に生きようとしています・・・
でも、このままだと餓死です・・・

届かない声をあげることすらできないあの子たちの命
せめて、動物愛護団体に通行許可証を発行して頂きたいそれを実現させるために、世論が必要なのだと思います
大きな世論がないと動かないでしょう・・・
世論、それは国民ひとりひとりの声の結集・・・



---------------------------------------------------------------------------------

転載元:成犬譲渡の会さんのブログ


通行許可申請のために


22日0時をもって、20キロ圏内は通行規制がひかれます。
そうなりますとその地域にいる動物達は、さらに悲惨な状況に追い込まれます。
そこで活動していらっしゃる団体様に昨日お聞きしましたが、
ほかの愛護団体はどこも来ていません。
しかしその地域にはまだまだ沢山の犬、猫、牛などの家畜が置き去りになっています。
すでに息絶え死骸があちこちに転がっている中、活動出来るのは今日1日でしょう。
そうなると、もうそこにエサやりにも入ることが出来ず、
動物達は餓死していくしかありません。
とのことでした。


カメ、鶏、牛、犬、猫等がお腹をすかせてやせ細り、
命が消えるのも時間の問題です。
せめて[通行許可証」を愛護団体に出してくれるよう、
皆さま[福島県知事」にも嘆願のメールを送ってください。
再度の緊急お願いです。

福島県ホームページアドレス

ページ下部 掲載
<連絡先>
知事直轄県民広聴室
〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16
電話:024-521-7013
FAX:024-521-7934
koucho@pref.fukushima.jp



ニックネーム Margaret at 00:00| 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする