2011年04月20日

シュラフ、ちびら〜ずに大人気、追記あり 20キロ圏内の動物たちを見殺しにしないで・・・

おとといからお天気が崩れて、ちょっと冷える日々
「そうだ、ちょっとシュラフを出してみよう♪」と出してくると・・・
ちびら〜ずに大人気でした(笑)

朝も・・・
食事が終わったら、みなさんテクテクとシュラフに向かいます
P4201133.jpg

夜も・・・
P4191129.jpg

相当気に行った様子で暇さえあればシュラフにいます(笑)
P4191131.jpg


.。o○o。.★.。o○o。.☆

その昔、「科学と学習」という児童向けの月刊の学習雑誌があって
特に「科学」の方を楽しみにしていたわたし
「木の上に家を作る」という特集?があって
私だったら木の上にどんな家を作るかなーと
空想して楽しんでいたことがありました

なんにもないところに
自分たちで木を切って家を作ったらどんな家になるのかな?
各家庭でいろんな間取りがあるでしょうね〜

安心して寝られる場所
調理をする場所
トイレをする場所
談笑する場所
コミュニティに人口が増えてきたら、やっぱりトイレが課題ですね

考えてみると我が家も似たような原始的なシンプルさがあります(笑)


きょうも素敵な一日を〜〜(´▽`)


----------------------------------------------


--------------------------------------------------

追記 20キロ圏内閉鎖

成犬譲渡の会の活動ブログに次のようにありました
私も再度、首相官邸と福島県に嘆願を送りました

昨日の記事もぜひお読みくださいませ
http://jouto.blog69.fc2.com/

------------------------------------------------

20日午後5時をもって20キロ圏内は閉鎖になります。
そこにいる動物達を政府と福島県は見捨てるそうです。

皆さま急いで福島県と政府に[動物達を救出するまで待ってほしい]と嘆願してください。
[福島県の飼い主の方、ご自分のペット、家畜を迎えに行ってください」。

いま「犬猫みなしご救援隊」の方々が20日必死で
出来るだけ多くの犬猫を引き取ってくるそうですがシェルターが満杯状態です。
引き取れる方、福島まで行かれる方は助けに行ってください。
連絡先「080−3055−6535」

また行かれない方は嘆願書のメールを政府と福島県に1人でも多く送ってください。
こんな残酷な事はありません。
どうかこんな可哀想な事を黙認しないでください。

---------------------------------------------------

私は下記に送りました

首相官邸ご意見募集 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

福島県
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=10643


ニックネーム Margaret at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする