2011年03月29日

ペット同伴避難に最も前向きな新潟県

点線以下、ALIVEさんからの情報です


かつて中越地震・中越沖地震を経験した新潟県からの思いやりと
その思いやりの心を映した実際の行動


心の底から、新潟県に「有難うございます!」
新潟県を私も力いっぱい応援しています!



----------------------------------------------------------------


被災者を受入れている自治体の中で、ペット同伴については
新潟県が最も前向きに取組んでいます。

新潟県サイトには「新潟県動物救済本部の取組」を告知する
ページが有ります(下記)。
「ペット達は、飼育環境が変わること自体、大きなストレスに
なり、そのストレスを軽減できるのは、飼い主さんの声や温かい
手だけです。」
との文言には、かつて中越地震・中越沖地震を経験した
新潟県からの思いやりと励ましが込められているようです。

◎新潟県動物救済本部の取組
2011年03月22日
新潟県動物救済本部
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1300741283614.html

新潟県では、東北地方太平洋沖地震の避難動物及びその
飼育者の支援を行うため、関係団体と「新潟県動物救済本部」
を設置しました。

【事業】
(1)ペットフード等支援物資の提供
(2)相談窓口の開設
(3)避難所生活が困難な動物の一時預かり(悪癖、高齢、病気等)
(4)避難動物の健康管理支援
(5)ボランティアの受付・調整・運営
(6)上記の他、本部長が必要と認める事項

新潟県動物救済本部設置要綱( PDF形式 )
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/143/533/secchiyoukou,0.pdf

動物同伴で避難された皆様へ
 新潟県では、飼い主さんとペットが離れることなく、一緒に
避難所生活が送れるようお手伝いをさせていただきます。
 避難所におけるペット飼育に関する支援については、最寄り
の動物保護管理センター又は保健所にご相談ください。
相談窓口一覧はこちら( PDF形式 92 キロバイト)
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/541/818/soudanmadoguchi,0.pdf

ペット達は、飼育環境が変わること自体、大きなストレスになり、
そのストレスを軽減できるのは、飼い主さんの声や温かい手だけです。

生活衛生課 動物愛護・衛生係
住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5206 FAX: 025-284-6757
email: ngt040250@pref.niigata.lg.jp

ニックネーム Margaret at 15:00 | TrackBack(0) | 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2607106
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック