2008年09月24日

肩甲骨間を絶対に避けること!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

玄関の掃除も終わって〜
さぁて、朝のお散歩に繰り出しましょう〜〜

私の住む市のごみ回収は個別収集
各家庭それぞれにカラスに荒らされない工夫をしています
私はこのバスケットに入れて出しています〜〜
gomiire.jpg



秋の空〜
sky092408.jpg



美味しい秋の空気を吸って
歩きましょう〜
pika092408.jpg



何の実かな?
092408morning.jpg



さっちゃん→ノノちゃん(ビーグル♀3歳)→カレンさんでご挨拶中
sallykaren0924081.jpg

ノノちゃんは釣り針を飲み込んで開腹手術で摘出してもらったそうです
ソフトルアーがついていたのでおもちゃだと思って口に入れて・・・
「取られまいっ!」と飲み込んでしまったみたいです
誤飲は怖いですね・・・
ノノちゃん、元気になってほんとうによかった!
無邪気で可愛い女の子でした〜また会えるといいね!



「お母ちゃんのとこまで走るし、見ててな!」
sally0924083.jpg



「早いやろ」
sally0924085.jpg



「眩しいし、目ぇめが細なってしもたぁ」
sally0924081.jpg



ぼくにゃんは安全バルコニーで寛ぎ中〜〜〜♪
boku092408.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


猫のワクチンについて・・・


先日の日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)記念大回で
代表の石田卓夫先生のプログラムも拝聴致しました

そのお話の中で触れられた「猫のワクチン接種」について・・・

「接種部位は、肩甲骨間を絶対に避けること!!!」


理由は
注射部位関連肉腫」になった時、肩甲骨間は切除不可能だから



絶対に肩甲骨間への接種は避けること
「肩甲骨間には打たないでください」というのは、飼い主の権利です
石田先生はそうおっしゃってました


意外と今でも、肩甲骨間に打っていらっしゃる獣医さんはいらっしゃるのでは?
なんとか獣医師会などを通じて周知徹底できないものでしょうか?
いずれにしても飼い主として
肩甲骨間への接種を絶対に避けてもらわないといけませんね

肩甲骨間を避けると共に
他ワクチン同時接種を避ける
以前の接種部位を避ける
ことも必要とのこと

ママちゃん・・・ぼくにゃんの接種部位を覚えていません・・・あせあせ(飛び散る汗)
獣医さんのカルテには記録してあるかしら?
次回伺ってみようっと


その他にも
ためになることをたくさん教えて頂きました
石田先生ありがとうございました


ちなみに、以下は、JBVPのHPより抜粋

〜〜〜
3種混合ワクチン:すべての猫に不活化アジュバント添加ワクチンが勧められます。

子猫の接種時期は原則的には生後8週に第1回、1カ月後の12週に第2回ですが、
かぜの症状を出している猫が多数同居している場合など早くからはじめて3回接種が必要な場合もありますので、
獣医師に相談して下さい。

その後は1歳齢で追加接種を行い、
以降3年毎に接種します
〜〜〜
http://www.jbvp.org/petlovers/cat_symp_care.html#13



かかりつけの先生にワクチン接種プログラムについて
個別に相談に乗っていただけるといいですね〜


ニックネーム Margaret at 00:00| 獣医療関係〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする