2007年03月30日

テクテク ヒューちゃん

houstonmar30071.jpg


ヒューストン、私の足音を頼りに歩きます。
私の左側を上手に、そして楽しそ〜うに。
houstonmar30072.jpg



薄い花びらで、ほんのり紅をさしたような景色

mar3007.jpg
なぜか言いたくなる 「ありがとう」


もうひとつ別の足音が聞こえるね。誰かな?
houstonmar30073.jpg



まだまだ歩く。  テクテクテク



カサカサいうのは鳥さんだよ  何してるのかな? 春だもんね〜。
mar30072.jpg



我が家のコブシも花を咲かせています
白い鳥が羽を広げているみたい
kobushi07.jpg


なんだか嬉しそう 
kobushi072.jpg


おいらも花を咲かせています。
houstonmar30075.jpg



どの子も自分の花を咲かせきることができますように…。


かわいいPerro Dogs Home
http://www.perro-dogshome.com/index.html


かわいいCATNAP
http://bbs7.as.wakwak.ne.jp/bbs.cgi?id=130037


かわいい動物の幸せを結ぶ会
http://www.satooya-tsuushin.net/


かわいい浦和ペット里親会
http://www.remus.dti.ne.jp/~noritama/
ニックネーム Margaret at 18:53| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

〜ボランティアさん募集中〜

今日の東京は予想外の暑さ。


「あ〜タイマーでエアコン入れてくればよかった!」
と一瞬思いましたが、僕ニャンのために全ての「部屋のドア」(※窓ではありません〜)を開け放ってあるお蔭で、北側の廊下から適度な冷気が入って、ちょうど心地よい温度になっていました。

ぼくにゃんのお蔭〜〜。 ぼくにゃん、ありがとハートたち(複数ハート)



ヒマラヤユキノシタ  今が花盛り〜〜
私には舞妓さんの髪飾りに見えます。

KARENSALLYMAR2907.jpg
(夕方の用事にお供したカレちゃん&さっちゃん)


KARENSALLYMAR29072.jpg
(ネットの部分から外が見えます)



食べたくない食事の時は、自分のお皿エサを鼻であっちへあっちへ押しやるさっちゃん



「ふ〜〜ん、食べたないんやったら食べんかてええよ〜」
(お皿は取り上げられちゃいます)



ふらふら〜〜と歩いたかと思うと、今度はご機嫌に食べているカレンのお皿へ顔をつっこんでいます顔(汗)
(人の食べ物が良く見えるのかなぁ…)



ザーー  ザーーー


「カレンちゃん、これ美味しないでぇ。 ほんまやって。 あっちやったげるわ」
てな感じで、カレちゃんのお皿まであっちへあっちへと押しやります顔(汗)


「それ、あたし好きなんだけど?」(カレン)
「ほんまやって。 これ美味しないんやって。 あっちやっといたげるわ」(さっちゃん)
「そんなことしなくてもいいわよ」(カレン)

…みたいなことを時々しています(笑)。
不思議な仲良しコンビです。
 

お水は順番のようです(笑)

KARENSALLYMAR073.jpg



〜ボランティアさん募集中の団体の紹介〜

かわいいPerro Dogs Home
http://www.perro-dogshome.com/index.html
東京都の譲渡団体
できたばかりの新しい会
ボランティアさん募集中


かわいいCATNAP
http://bbs7.as.wakwak.ne.jp/bbs.cgi?id=130037
東京都の譲渡団体
どこからも引き合いのない子たちの最後の受け皿を目指して活動中
ボランティアさん募集中
ニックネーム Margaret at 19:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

この子はピカですけど〜

pikamar2107.jpg


気管支炎を患っていたぴか。
ある冷えた夕暮れ時、服を着せてお散歩していたところ、ご近所のおじさんに声をかけられました。


「あら、犬変えたの?」


普段は雨上がりの泥んこよけにしかウェアを着ないぴかが、珍しく着ていたので、違う犬に見えたようです。 

「いいえ。 前からず〜〜っと一緒にいるぴかですけれど」
「今日は冷えるから服着せているんですよ〜。 気管支炎患っているから〜」


う〜ん、違う犬に見えたとしても、
「あれ? この子どこの子?」ではなく「犬変えたの?」
という質問に至ったバックグラウンドが気になりました。 
周りに犬を変える方がいらっしゃるのかと。

或いは、私が入れ替わりで保護犬をお散歩させているのを常々、不思議に思っていらして、その日は、「えいや!」と勇気を出して聞いてみられたのかしら?  そう思いたいです〜〜。



そう言えば、「猟犬を変えた」とおっしゃっていた方に会ったことがあります。
その方曰く、「うちは犬を切らしたことがない
「山でいなくなった犬もいるし、山で人に取られた犬もいるけど、それでも、うちはいつでも犬を切らしたことがない」と。
みりんや醤油じゃあるまいし…。 「犬を切らしたことがない」とは、開いた口が塞がりませんでした。

(ちなみに、猟犬は入山して放す訳ですから、畜犬登録に加え、避妊去勢手術とマイクロチップを必須とした猟犬登録システムが必要だと切望しています。実際、猟シーズンの終わりに山に遺棄する人、犬に散弾銃を撃ち込む人もいますから(猟犬の使い捨て)、容易に外れない所有者識別は必須です。それは、ブリーダーが犬を売る際に実施していただきたいと切に願います〜)



はたまた、ある時は、ぴかを見て「あら、雑種なのに家にあげてもらって、いいわね〜」とおっしゃった方も。隣には、大きなレトリバーさんがのっしのっし。 レトリバーさんはいいけど、雑種は普通は家に入っちゃダメ???

厳寒の冬を基本とした堅牢な石造り家屋の西欧社会で、人間も犬も土足で家の中で暮らしていた犬種に対するイメージと
蒸し暑い夏を基本とした木・土・紙で造られた外と内が隔絶していない(家族の声が庭にも聞こえる)日本家屋で、縁側の近くの小屋に暮らしていた犬に対するイメージ
…そんな漠然としたイメージから「雑種なのに家にあげてもらって」という考え方に至ったのかな?と想像しています。

(外にいても開け放った縁側で家族や来客との温かいコミュニケーションがあって、風通しもよく快適で、手入れもきちんとしてもらって…と、そんな環境ならまだしも、昨今の住宅事情での外飼いは、犬にとっては「孤独と暑さ」との戦いになってしまうケースが多いと思います)



はたまた、知人のワンちゃんが事故で骨折した時、その場から急いで連れていった病院でこう言われたそうです。

「手術したら高いよ。  雑種だし、処分する?
「処分しない? じゃあ、棒でも当てておきましょうか?」
この発言は、どう考えても擁護のしようがないと私は思います。


悲しいですね…。 命の重みをこういった基準で考える医療は。


「いえ、この子は、ノルボッテン・スペッツです」
「いえ、この子はカナーン・ドッグです」
そう言ったら、この獣医さんからどういう返答がかえってくるでしょうね。


世界のどこかで骨折してしまったとき
「あ〜、日本人? じゃあ棒でも当てときますか?」
そういわれたら、彼も悲しくないでしょうかね?


純血種の子も雑種の子も、流行りの器量の子もそうでない子もみんな幸せに暮らせますように〜〜。
ニックネーム Margaret at 09:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

ネコの尿 ニオイ原因解明

ちょっと前の話になりますが...去年の秋頃、興味深く思ったもののそのまま忘れていたニュースがあります。ご紹介します〜。

猫の尿のにおいのもとになる物質は猫特有のたんぱく質「コーキシン」で作られていることを理化学研究所と岩手大のグループが突き止めた。コーキシンとフェリニンは、雄の方が雌や去勢したオスより約4倍も多かった。

去勢していないオスはのコーキシンとフェリニンは去勢したオスよりも4倍も多い。 
この点、注目だと思われませんか? 去勢手術をするメリットがまた増えましたね〜〜猫(笑)


ニュースはこちら〜〜毎日新聞



ちなみに、僕ニャンのオシッコは鼻をくっつけて嗅いでも臭くないんです。 うんPは「あっ。 僕ニャン、今、フンしたでしょ」と分かりますので、私の鼻がニオイに鈍化している訳ではなさそうです〜〜〜。 空気清浄器のニオイセンサーもあまり反応しませんし〜〜。


今日のぼくニャン

mar25073.jpg

mar25072.jpg

mar25071.jpg 
春色の首輪に衣替え四葉
ニックネーム Margaret at 13:11| Comment(2) | ペットケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

ドッグフード・キャットフードのリコール開始

大手メニュー・フーズ社は17日、同社が北米で販売したドッグフードとキャットフードのリコールを開始。 
同社商品を食べて少なくともペット10匹が死亡。 ペットフードの安全性に対する懸念が強まり、リコールとなったようです。 
(ニュースソース:時事ドットコム)


日本で流通している製品に関しては言及されていませんので、不明。


リコール対象ブランド(Iams、Nutro、Eukanuba等も含む)

各ブランド名をクリックすると、リコール対象製品の詳細が出トきます
下
ドッグフード

キャットフード



よくある質問

Menu Foods HP


ASPCA News
ニックネーム Margaret at 11:10| Comment(0) | ペットケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

ロビー活動(アメリカ)

〜アメリカで展開中のロビー活動の紹介〜

B級ディーラー(動物取扱い業者)による「ペットの盗難・実験施設への売却」を防ぐ法案の可決に向けて〜


法案:S. 714/H.R. 1280—Sale of Dogs and Cats to Research Institutions
スポンサー: Daniel Akaka上院議員 (D-HI); Michael Doyle下院議員 (D-PA)
ASPCAの立場: 支持
必要なアクション: あなたの地域の下院議員、上院議員に手紙を送って、the Pet Safety and Protection Actを支持してくださるように頼んで下さい。


誘拐したペットや、「無料で差し上げます」広告で里親の振りをして譲り受けた犬猫を、その出自を偽って動物実験施設に売りさばくことを防ぐ法案...。 全米に支持する議員が増えてこの法案が可決することを願います...。 

詳しくは、ASPCAのHPをご覧下さいませ〜。右Take Action!
ニックネーム Margaret at 18:50| Comment(2) | 動物福祉一般(パブコメ等)〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

フワフワの春

昨日までの寒さはあっちへ行ってくれて(笑)、今日はぽかぽか優しいお天気♪ 気持ちもフワフワ柔かくなる感じ〜〜♪

日向ぼっこ気持ちいいんだぜ。 散歩も行ってきたぜ〜。 
houmar1907.jpg


あたし、ぴかちゃん監視中。 
sallymar1907.jpg


ぴか、沈丁花の香り分かるかな? 
pikamar1907.jpg


私、本当に暖かくなるまではロングで行くわ。サマーカットは待ってね。
karenmar1907.jpg


今日のお天気にぴったりの桜のシフォンケーキ桜
cherryblossom.jpg




昨日は、Wancocoのcotoさんに誘っていただいて、ナナママさんと3人で午後のお茶をご一緒しました。


いい匂いがするね〜〜♪
sallymar1807.jpg

ワンコ用のシチュー
mar1807.jpg

いただきまーす!
karenmar1807.jpg




cotoさん預かり中のヨーキーのりんごちゃんとプチ預かり中のミニピンのあこちゃん素敵な里親さんが見つかるよう応援お願いします〜〜!

りんごちゃん
ringomar1807.jpg
ニコラと似ているような〜〜〜。 お耳の形もそっくり! 物静かで優しい男の子

あこちゃん
akochanmar1807.jpg
元気いっぱい! とっても頭のいい女の子
CATNAP右http://bbs7.as.wakwak.ne.jp/view.cgi?id=130037&code=22&pline=12&pid=



ナナママさんのところのViviちゃん。 
vivimar1807.jpg
Pruuさんにレスキューされて、ナナママさんのお家の子になりました。
ラビペンさんからViviちゃんへのプレゼントのお洋服、ぴったりよく似合っています!



Pruuさんがレスキューされる子たち。 幸せをつかめるよう、応援、よろしくお願いいたします!
imgf6965bfazikbzj.jpg
右http://pruu.lolipop.jp/wanwan001/wan001.html




こちらは、金曜日に預かりボランティアさんのところに行ったパピヨンのルナちゃん
lunachan316072.jpg
lunachanmar1607.jpg
アイコンタクトがしっかりとれる愛らしい女の子です。 ルナちゃんへの応援、よろしくお願いします!
右Perro Dogs Home


ビーグルのビー子ちゃんへの応援もよろしくお願いします!
ニックネーム Margaret at 15:52| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

ポーラちゃん&エミリーちゃん

ポーちゃんママさんが可愛いお写真を送ってきてくださいました揺れるハート揺れるハート

じゃじゃ〜〜ん
ポーちゃんです! 
この首のかしげ方、余裕を感じます〜〜〜! アイドル風ですね〜ハートたち(複数ハート)
paulamar071.jpg



この寝方にも余裕を感じます〜〜〜! 
「えっ!ポーちゃんがこんな寝方するようになったんだ!」と嬉しい驚きハートたち(複数ハート)
paulamar072.jpg



コートもこんなにフッサフサになって〜〜ハートたち(複数ハート)
paulamar073.jpg





2006年9月11日にレスキューしたポーちゃん

連れて帰る時の写真(9/11/06)  
不安そうでした...。
paulasep11062.jpg
 

ポーちゃんママさんのお家に行く日も近づいてきた頃のポーちゃん
paula06.jpg

小さく小さく固まっていたあの頃が嘘のように、ポーちゃんは今、伸び伸びとしているようです。
もう〜〜〜〜、モ・ウ・レ・ツ元気一杯だそうです!!



こちらはエミたん。 相変わらず、ヒマワリのようなエミたん晴れハートたち(複数ハート)
emilymar071.jpg


真面目なエミたん♪ いつも正しくハイ!という感じで座っていた姿が懐かしいですハートたち(複数ハート)
emilymar072.jpg



こちらはレスキュー後間もなくの写真。 さっちゃんとクッションを引っ張って遊んでいます。
feb1006.jpg



犬同士で遊んだのはこれが最初で最後。 その後は犬には関心なしで、私にくっついてばかりでしたネ。



ポーちゃんもエミたんもお母さんがいっとう好きなようです。
ポーちゃんもエミたんも優しい優しい家族に囲まれています。
もう、ずぅ〜〜っと一緒です。
こんなに幸せなお顔を見させていただいて、私も最高に幸せです揺れるハート



PS. 上のお写真、デパートの「うちのこいちばん」に出展されたそうです〜〜。入賞間違いなし!ですね顔(ペロッ)
ニックネーム Margaret at 18:02| Comment(9) | 幸せを掴んだ保護わんちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

私が一時預かりを始めた理由

パパちゃんがいる折角の日曜日桜
アスファルトが乾いた昼過ぎから、広〜〜〜い公園に繰り出すことに。


ぴか どこへ行くのか見当がついている様子
pikamar11071.jpg


さっちゃん 車に乗ると、ニコニコしているかスピーっと寝ているかのどちらか(笑)
sallymar1107.jpg


ヒューストン ウィンカーとバックの音を聞くと心がはやります。
houstonmar1107.jpg


カレンはいつも私の膝の上〜〜



お散歩の途中、グラウンドの周りを走っている早実野球部野球のお兄さんたちとすれ違いました。
「王貞治記念グラウンド」なるものがここにあったとは!

黙々と走るお兄さんたち。普通ならこんなにたくさんの人が走ってきたら、ぴかは怖がるのですが、昨日はまったく平気。
きっと、お兄さんたちから「ゴールを目指す気迫(=私には向かって来ないも〜〜ん)」と、隆起した地形の長距離ですから「ちょっとお疲れ」モード(ヘロヘロだから怖くないも〜〜〜ん)が出ていたのでしょうね〜。 



花粉症のパパちゃんは点鼻薬、目薬、マスクが必需品
pikamar11072.jpg




「お散歩楽しいね」 みんな、そんなお顔をしていました。





実は、私が「一時預かり」を始めた理由は、シェルターにいる、致死処分になるかもしれない子たちの「お散歩楽しいね」の顔を見るのが辛くて耐えられなかったからなのです...。


アメリカの収容施設には3種類あります。

@まず、日本の保健所やセンターに相当する自治体の動物管理施設。 "Pound"と呼ばれています。 致死処分します。

A次に、Humane Societyなどのシェルター。 市民からの寄付で運営されています。 常時、どんな性格のどんな状態の子でも受け入れます。 しかし、「譲渡不適」と判断された子や収容頭数制限を越えた場合は、致死処分があります。(但し、致死処分の主流は、獣医師の手で注射による安楽死。 ガスによる窒息処分は非常に稀に辺境の地の施設で行われています)

Bそして、数は少ないですが、"No-Kill Shelter"。 「殺処分しない」方針で運営されているプライベートシェルターです。 こちらも市民からの寄付で運営されています。 但し、受け入れられる数に制限がありますので、シェルターが満杯のときには、ウェイティングリストに記入して待つことになります。待てない飼い主は他に行くのでしょう。 



私は最初、Aのシェルターが家からそう遠くないところにありましたので、そちらに通って、犬たちにお散歩をさせたり、ブラッシングしたりするボランティアを考えていました。

けれど、「ここから出る時は100%里親さんのところへ行く時」とは限らないことを知った時、「お散歩楽しいね」と自分を振り返る子たちのお顔が耐えられないだろうと思いました。 私が本当に強い人間であれば、明日安楽死になる子に最後の楽しいお散歩をさせてあげられるのだと思います。けれど、私にはその強さはありませんでした。

BのNo-killシェルターが増えれば...と思いますが、そう思い通りにいくものでもありません...。 例え、増えても一箇所のシェルターはすぐに満杯になってしまいます。 


そこで、一匹ずつではあっても、我が家も一時的な避難場所になることができれば...と志を等しくする仲間と一緒に一時預かりをすることにしたのでした。


最後の慈悲ではあっても、安楽死の注射をされる獣医師の心の痛み。
重病で断末魔の苦しみに喘いでいる子への安楽死ではなく、元気にニコニコしている子への安楽死ですから、どんなに胸が痛むことかと思います。

収容されている子たちのお世話を毎日されているスタッフの心の痛み。
できることなら、いつの日も、里親さんと一緒にシェルターを出て行く元気な姿を見ていたいことでしょう。



日本と比較して里親希望される方の数が格段に多いアメリカではあっても、それでも追いつかない数の子が放棄されています。


全てにおいて、アメリカの後追いをすることの多い日本ですが、伴侶動物に関しては、どうか、大量生産大量消費の国アメリカの二の舞ではなく、ドイツやオーストリアの選択した道を辿って欲しいと願わずにはいられません...。 

どの子もただ一度きりの大切な命なのですもの。

「お散歩楽しいね」飼い主さんを振り返る笑顔には、「ほんと、お散歩楽しいね」と飼い主さんの笑顔がいつの日もそばにありますように...。

ニックネーム Margaret at 13:01| Comment(4) | 動物福祉一般(パブコメ等)〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

お手入れ&お手当て

わたし、しょっちゅう、ネイルカットしてもらってるの。

どうしてかってこと、本当はちょっと内緒にしたいんですけど。

karensallymar471.jpg




あのね・・・ シニアになると爪が速く伸びるんですって・・・、若い頃に比べて。

そう言えば、私もそんな気がします。

ママちゃんがあの銀色の爪切りを持ってくると
「あ、まただわ」って思うんです。 
でも、爪きりが終わると必ずいいことがあるし、私、おりこうさんにしています。

それから、私、ドライアイがあるから、マイティアとオプティミューンを使った目のケアも日課です。
わたしの目、いつも☆が入ってる目ぴかぴか(新しい)って、ママちゃんが言ってます。 うふっ!

わたし、ママちゃんの手Helloは全然怖くないです。
だから、お手入れも怖くないです。

「人間の手パンチは怖いもの」って犬に思わせる人がいなくなりますように〜。
私の願いです。

手をあててもらうと、ほら、こんなに安心できるんですもの。
ニックネーム Margaret at 23:12| Comment(6) | 高齢犬との暮らし〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

ヒューストンの眼 (その後)

「これからどこへ行くんでぇ?」

houstonmar6071.jpg


1月9日、ヒューストンが白内障の治療で眼科専門医で目の諸検査をして頂いたというところまでは書いていましたので、今日はその続きです〜〜。

ヒューストンのケースは「手術不適応」ということで、白内障の手術自体はしないことに決めました。できることなら、手術をしてもう一度見えるようにしてあげたかったのだけど。 仕方ないですね〜。


ただ、検査の結果、白内障誘発性のブドウ膜炎を起こしていることが分かりましたので、ブドウ膜炎を治療することに。ブドウ膜炎を放置していると、ブドウ膜炎誘発性の緑内障になる可能性があるからです。 


ブドウ膜炎の治療には、通常、点眼薬を用いるそうですが、目薬が大の苦手なヒューストン(><)。 先生と相談し、「リマダイル錠」という非ステロイド系消炎鎮痛剤を使用することにしました。丁寧に対応してくださる先生に感謝しています。


ブドウ膜炎の治療の他に、現在ヒューストンの目にわずかに残っている網膜機能を維持するため、サプリ「アイショットクリア」を出していただきました。 ヒューストンのサイズだと日に1粒でOK♪ ただし、特殊な体質で動物性のものが一切ダメなヒューストンには、豚由来のゼラチンでできたカプセルはNGですので(点滴沙汰になってしまいます〜〜)、針でカプセルに穴をあけてギュ〜〜っと中味を絞り出してフードに混ぜて飲ませています〜。

(アスタキサンチン含有抗酸化サプリメント)
アイショットクリア.gif



3月6日、再検査をしていただいたところ、薬によく反応して、炎症(−) ブドウ膜炎完治! これで治療はひとまず完了しました〜〜! ほっ。



診察の後はお散歩だぁ〜〜! やったぁ〜〜! 
houstonmar6073.jpg



鼻と耳を駆使して上手に歩きます
houstonmar6074.jpg



見えないハンデを乗り越えて、お散歩はとても楽しい様子です
houstonmar6072.jpg



本日3月6日はヒューストンにとっては記念すべき日でもあります〜〜。 
なんと、ヒューストンが電車に乗りました! 
トンネルに入ったときは、耳を動かして警戒していましたが、あとは余裕の表情。 マロンママさんに縫っていただいた抱っこ紐の中で、とても大人しくしておりました〜。 

「おいら電車に乗ったんだぜ。 どぉでぃ。 おいら、すげーだろぉ」
JR.jpg


「ヒューくん、おかえり〜〜〜!!! ねぇ、お出掛けしてたでしょ!ねぇったら〜〜〜!」
karenhoustonmar607.jpg
ニックネーム Margaret at 20:13| Comment(8) | ちびら〜s医療記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

煽られる流行に歯止めを〜

犬までが『市場の原理』で扱われている昨今…。


売れ筋商品が   売れる内に   急いで   作られる。


売れ筋犬種の乱繁殖... 

―閉ざされた繁殖場(子犬工場)で売れ筋の子犬を産ませ続けさせられる繁殖犬…
―産めなくなって使い捨てにされる繁殖犬…
―ブームの終焉と共に次なる流行への入れ替えで放棄される繁殖犬…


長く置いておくほど経費がかかる…幼いほどよく売れる…   

petstore.jpg

―大きくなると「在庫処分」とばかりに「セール」と書かれる犬たち。値下げせずに販売期間を長くしようとすると、より小さいうちから陳列される。
―「噛み付き抑制」など犬同士の社会化を学ぶ期間を待たずに母犬・同胎犬から引き離され、売りに出される幼い子犬…
―成長後、「問題犬」とレッテルを貼られ、もてあまされ、飼育放棄される犬…「学ぶ場」を奪った当の人間は何のお咎めもなしで、「学ぶ場」を奪われた犬は最悪の場合、命まで奪われてしまう―「悪い犬」と汚名を着せられたまま。


珍しい毛色を追い求めるあまりの無理な掛け合わせ…犬種毎の好発疾患を無視した無知な繁殖
   
―増える純血種の遺伝性疾患に苦しむ子たち…
  



TV等で取り沙汰されるのはごくわずか。「煽られるブーム」の中、乱繁殖、無茶な掛けあわせ、無計画な購入などの犠牲となっている犬たちの苦しみは、表に出ることなく葬り去られているのです…。




「あ、この色、今年流行ってるんですよね〜〜〜!」
「この子は、滅多に出ないレアな毛色なんです〜〜!」


           ...時折耳にする悲しい会話。



〜今年注目の犬種は○○!〜
〜今年人気の毛色!〜
〜人目を惹くレアな毛色!〜
〜子犬大集合!〜

           ...よく目にするキャッチフレーズ。




犬たちのために私たちにできることはないでしょうか?


愛犬誌のテーマの取り方に注意を払うということも対策の一つだと思います。



もしも愛読されている愛犬誌に「流行犬種や流行毛色、レアな毛色」を煽るテーマが取り上げられている時は、愛読者として意見を送りましょう〜。意見を送ると同時に、ご回答をいただくことで、その出版社の姿勢も分かります。本当に犬を愛し、犬を愛する読者を対象としている出版社であれば、ご回答にその姿勢が表れてくると思います。



企業では、1人の声は100人のお客様の声を反映しているとカウントされるといいます。 犬を愛する読者の一人として、それぞれの言葉で、丁寧に、自分の心を届けることで、そういった心ない社会の傾向に歯止めをかける力になれると思います。出版社も読者が望んでいると思われることをテーマに選びますから〜〜。


流行やレアな毛色を求める傾向がなくなれば、倫理無き乱繁殖の犠牲となる子を確実に減らしていけると思います。



私には小さなことしかできませんが、無念の内に命を奪われゆくこの子たちに代わって、冷静に声を届け続けたいと思っています…。

WebAd2_150x125.jpg
ニックネーム Margaret at 21:02| Comment(6) | 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

ひかりちゃん

里親さん募集中のひかりちゃんです

推定6〜7歳のシーズーの女の子
全盲
殺処分の寸前にレスキューされました

img_0545.jpg

1169954558.jpg

ひかりちゃんのプロフィールは右 本

預かり日記は右 本


ひかりちゃんに素敵なご縁がありますように〜〜。
ニックネーム Margaret at 09:57| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

おやすみ〜

きょうも元気に過ごせました〜。
誰も怪我もせず帰宅できた幸せ。

プチっと灯りを消すときのいつもの声かけは〜
「おやすみ〜。みんないい夢みてね」
"You, too~!" (なぜか英語のパパちゃん。日本語だと照れちゃう?)


ビックリさせる気?
bokunyanmar1072.jpg



豪快
bokunyanmar107.jpg



「ザ・芋ら〜sと言うの、よして欲しいワ」
karenmar107.jpg


焼 き 芋! 焼 き 芋! 
sallymar107.jpg


たりら〜ん
pikamar107.jpg


食後はぬいぐみで歯磨きでもすっか〜〜。
hyumar107.jpg
(新しいぉパンツ人形買ってあげなきゃあせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム Margaret at 22:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする